2010年01月14日

普天間、5月前に結論も=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は7日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「早く解決できれば、それに越したことはない。そのように努力している」と述べ、移設先決定の期限としている5月より前に結論を出すこともあり得るとの考えを示した。首相官邸で記者団に語った。
 政府が決着期限を5月に先送りしたことに対し、米側は「望ましい期限ではない」(モレル国防総省報道官)などと不満を示している。
 これに関し、首相は「(政府・与党が移設先を協議する)検討委員会が始動した。あす(8日)からは平野博文官房長官にも沖縄に入ってもらう。今急ピッチで作業を進めている」とした上で、「(期限を)5月と切ったわけだから、それまでに解決する」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

営業マン募集中!
今日のランチ
自己破産
競馬サイト
携帯ホームページ
posted by ヒロセ ヒトシ at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。