2010年01月16日

新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」−講談社(時事通信)

 講談社は10日までに、厚生労働省職員が著者の新型インフルエンザに関する書籍について、「事実関係の確認が十分でなく、医学的に不正確」などとして、自主回収を始めた。
 同社によると、回収の対象となったのは、現職の医系技官である村重直子氏が著者の「新型インフル禍の真犯人 告発!  死の官僚」で、7日に出版された。
 村重氏へのインタビューを同社編集部でまとめたが、タイトルを含めて同氏の本意と異なる内容だったため、9日付で回収を決めたという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
国民8人に1人が受診=新型インフル、重症化率横ばい
入院患者数が6週連続減少=新型インフル

<掘り出しニュース>ギャンブル場専門のスリ「アブさん」御用 「おれの負け」(毎日新聞)
<石破政調会長>「あるまじきこと」小沢幹事長を批判(毎日新聞)
<訃報>エリック・ロメールさん89歳=フランスの映画監督(毎日新聞)
<強盗>名古屋の吉野家 食事の後に3万円奪い逃走(毎日新聞)
ハイチ地震で輸送機活用を検討 防衛相(産経新聞)
posted by ヒロセ ヒトシ at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)

 離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子と推定する民法の規定により、女児の出生届を受理しなかったのは法の下の平等を定める憲法に違反するとして、岡山県の女性が同県総社市と国に計330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、岡山地裁であり、古賀輝郎裁判長は請求を棄却した。

 法務省は平成19年、離婚後の妊娠を証明すれば300日以内の出産でも現夫の子として出生を受理するよう通達を出した。しかし、女性は離婚前の妊娠だったため、救済措置の対象にならず、「妊娠時期で一律に区別するのは不合理な差別で違憲」として昨年1月、提訴した。

 訴状によると、女性は前夫から暴力を受けて20年3月に離婚。同11月に女児を出産し現夫の子として出生届を提出したが、受理されず女児の戸籍を得られなかった。その後、現夫と女児の親子関係を確認する認知調停が成立し、女児の出生届は昨年2月に受理された。

2府5県で今秋にも発足=全国初、権限移譲の受け皿に−関西広域連合(時事通信)
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官(産経新聞)
<人事>財務省(毎日新聞)
<記録映画>空襲で負傷し障害…現状告発、東京で試写会(毎日新聞)
【科学】官民研究チーム ハイテク帆船で低炭素海運…実用化へ着々(産経新聞)
posted by ヒロセ ヒトシ at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。