2010年01月19日

外国人参政権「絶対反対」=永住するなら国籍取得を−石原都知事(時事通信)

 東京都の石原慎太郎知事は15日の記者会見で、政府が国会提出を検討している永住外国人に地方参政権を付与する法案について「絶対反対。日本に永住する方なら日本の国籍を取ったらいい」と述べ、法案提出に反対する考えを強調した。
 知事は、地方分権が進めば「地方の行政によって国全体が動くことがある」と指摘。「国籍を持たない人たちの意向で国そのものが左右されかねない」と懸念を示した。 

【関連ニュース】
外国と中小支援ファンド=新銀行再建にも有効
待機児解消は期待薄?=保育所面積の地方委任-7割が国上回る基準・23区、政令市
議会同意なければ断念=20年夏季五輪招致で
与党の予算重点要望要旨
「義務付け」見直し閣議決定=通常国会に地域主権一括法案

<くぎ落下>高架下の車直撃、男性けが 名古屋(毎日新聞)
「貸付金」改めて主張=石川議員、再聴取に供述維持(時事通信)
「県外移設」可能性示唆の資料、防衛省が提出拒否(読売新聞)
「天下り」10ポスト削減 府、22年度から 半数は原則公募(産経新聞)
日航株、7円に下落=2日連続ストップ安(時事通信)
posted by ヒロセ ヒトシ at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。