2010年02月01日

普天間移設、法的決着も=官房長官が可能性に言及(時事通信)

 平野博文官房長官は26日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「(地元が)合意しなかったら物事が進まないということか。そこは十分検証したい。法律的にやれる場合もあるだろう」と述べ、移設先の自治体が受け入れに応じない場合は法的に決着させることも可能との見解を明らかにした。
 一方で「できる限り地元の皆さんの理解を得ながら決めていく」とも語り、政府が5月末までとした移設先の結論を出す過程で、地元の理解を得るよう努める立場も強調した。 

【関連ニュース】
首相発言を言質に圧力=普天間現行案履行を要求
沖縄出身議員、「斟酌の理由ない」に反発=民主参院幹事長は擁護
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相

見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚(産経新聞)
<国民読書年>開始を宣言 活字文化議員連など3団体(毎日新聞)
党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)
<野田副財務相>小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て(毎日新聞)
株安・円高「様子を見る」=鳩山首相(時事通信)
posted by ヒロセ ヒトシ at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。